おなかの調子を整えるコツ

title          

便秘も下痢も、腸のトラブルによることが多いものです、不規則な食習慣が要因となっている場合、

日ごろから腸の働き腸内バランスを整えるていきましょう。

title

    

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは?

筋力の低下などにより、腸の動き(ぜん動運動)が鈍くなったことで起こる便秘です。

腸内に弁が長時間とどまるため、水分が吸収されてどんどん固くなり、

出にくくなるという悪循環を生みます。

      
 

けいれん性便秘とは?

腸のぜん動運動がストレスなどの理由で過剰になり、

けいれん状態になって便の流れがスムーズに行われずに起こる便秘です。

けいれんがおさまって腸の動きが活発になると下痢を起こすので、

便秘と下痢を交互に繰り返す傾向にあります。



弛緩性便秘を解消するためのひと工夫

            
  • ①水分はたっぷりと
  •         
  • ②野菜や海藻類は積極的に取り入れる
  •         
  • ③香辛料、酸味、脂質を適度に
  •          

弛緩性便秘に良いとされる食事

         

title

けいれん性便秘のときの注意点

刺激物、脂質、アルコールは控える

けいれん性便秘では、気をつけたい食事のポイントが弛緩性便秘とは異なります。 腸の緊張を抑えるため、刺激の少ない食べ物をとるのが基本です。香辛料や酸味が 強いもの、揚げ物など脂肪の多いもの、アルコール、カフェイン飲料などは控えましょう。



下痢のときの食事の注意点

消化に時間がかかる脂質は、腸に負担をかけます。 脂肪の多い肉や魚、揚げ物などは避け、豆腐屋雑炊など消化のよいものを 食べるようにしましょう。


title


title